ギリシャ&ギリシャワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歴史上、ワイン (ギリシア語: クラシと発音)が特権階級から庶民に広まったのは、エーゲ海の諸島が最初と考えられている。その後、ギリシャ本土やイタリア半島などへ普及したという経緯がある。ギリシャワインは酸味が豊かなものが多い。

ギリシャ共和国の気候は、ブドウ栽培にとっては暑すぎる、乾燥しすぎる、突然の暴風があるなどの難点があるが、高原や北側の斜面での栽培などにより成功している。 B.C.2000年頃にオリエントからギリシャへ伝播したワイン造りは、古代ギリシャ時代、盛んであった。ローマ帝国の支配(B.C.146年-A.D.330年)、修道院でブドウ栽培された東ローマ帝国時代(331年-1453年)を通じて、ワインは生産されていた。オスマントルコの支配下(1454年-1821年)ではワイン生産は停滞気味だった。1960年代、ドメーヌ・ポルト・カラス( Domaine Porto Carras ギリシア語: Κτ?μα Π?ρτο Καρρ??)[1]で先駆的な革新があった。1971年、ギリシャで最初の原産地呼称として ナウサ(ギリシア語: Ν?ουσα ラテン文字化: Naoussa, Naousa)が認定された。1981年の欧州連合加盟後、投資が拡大、技術が向上し、1985年には外国で勉強した栽培学者と醸造学者の帰国組が新時代を開けた。2007年、ドデカネーゼ諸島の最大の島、ロードス島で世界最優秀ソムリエコンクールが開催された。3500年の伝統があるサントリーニ島にはフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)の害がない。サモス島ではカトリック教会が聖餐用の甘口ワインを生産し、その生産権利がサモスに譲渡されるなどした。ギリシャは生食用ブドウと干しブドウの生産も盛んである

美彫グループ・ロゴマーク
ギリシャ&IHIC
ギリシャ&IHIC

 ギリシャ&IHICについて紹介しております