ギリシャ&ギリシャ海軍

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく)、通称ギリシャは、ヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置する共和制国家である。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在するおよそ3,000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア共和国、ブルガリアと、東はトルコと国境を接している。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャは地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置する国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与える。

現在のギリシャは国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都アテネで近代オリンピックが開催された。

ギリシャ海軍

ギリシャ海軍(ぎりしゃかいぐん)はギリシャの海軍である。2007年時点の人員は19,000人。戦闘艦艇85隻、補助艦艇50隻と航空機29機を保有し、ピレウス、パトラ、テッサロニキに主要軍港を置く。

ギリシャ・イメージ

近代ギリシャ海軍は、ギリシャ独立戦争時の武装商船隊に起源を発する。ギリシャ王国の成立後は王立海軍として発展し、希土戦争やバルカン戦争でもオスマン帝国海軍と戦って数度の勝利を収めた。第二次世界大戦では連合国側で参戦し、ドイツ空軍の攻撃で大きな被害を受けた。第二次世界大戦後、アメリカなどの援助を受けて再建が行われた。

美彫グループ・ロゴマーク
ギリシャ&IHIC
ギリシャ&IHIC

 ギリシャ&IHICについて紹介しております