ギリシャ&古代ギリシア,ポリスの成立の紹介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古代ギリシア

しばらく暗黒時代と呼ばれる文化的には不毛の時代が続いたが、紀元前8世紀ころに古代ギリシア文明が急速に開花し ポリス(都市国家)が成立するようになった。ポリスは大小さまざまで、一般的に1500から2500平方キロメートルの領土を持ち、市民と呼ばれる自由民男子とその家族3万から10万人と、奴隷など5万から10万人の人口を抱えていた。諸ポリスは、古代マケドニアによる覇権が確立する紀元前338年まで統一されることはなく、互いに同盟を結んだり戦ったりして分立した。

地域や風土によってポリスの政体は多様であり、王政、貴族を中心とする寡頭政、全市民参加の直接民主政を採用するポリスがあった。また正統な王の家系以外から出た個人が権力を握って世襲する場合があり、これは僭主政と呼ばれた。有力なポリスであったアテナイ、コリントス、テーバイは、自分たちの政体を他に押しつけようともした。

美彫グループ・ロゴマーク
ギリシャ&IHIC
ギリシャ&IHIC

 ギリシャ&IHICについて紹介しております