ギリシャ&ギリシア建築の紹介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギリシア建築

ギリシア建築(?けんちく)は、古代ギリシア人によって確立された建築様式。特に神殿建築は最も完成度が高く、以後2500年もの間、古典主義建築の直接的、間接的規範とされ続けたが、決してその完成度を超える建築は創造されなかった。

ギリシア建築は紀元前8世紀頃から形成されはじめ、紀元前5世紀中期の古典時代にその絶頂を迎えるが、空間よりも細部装飾や比例原理を洗練させて自己完結していく傾向にあり、現代の美術的な感覚からすれば、建築よりもむしろ彫刻に近い。ヘレニズム時代には建築の形態が再編成され、建物の関係性が意識されるようになり、やがてその全てがローマ建築に継承された。

古典主義建築の源泉でありながら、ヨーロッパでは18世紀に至るまで忘れ去られていた建築であったが、新古典主義運動において建築の起原であると考えられるようになり、ギリシア建築の復興運動(グリーク・リヴァイヴァル)を巻き起こした。19世紀に建築起原論は解体されてしまったが、古典(classic)の象徴という概念は現代においてもなお続いている。

美彫グループ・ロゴマーク
ギリシャ&IHIC
ギリシャ&IHIC

 ギリシャ&IHICについて紹介しております